P_20170727_074618.jpgP_20170727_074603.jpgイチゴの草取りが終わった。

ようやく、イチゴの両脇の草を取り終わったので、写真のように、イチゴに余裕が生まれた。

1ヶ月半の間、草に埋もれていたので、イチゴが瀕死状態・・・

おそらく、これで、秋になればランナーを伸ばして、新規株ができるとは思うが・・

写真左が、栃乙女、右が去年貰ったものだが、品種名は分からない。
が、大きく、長期間収穫できる種だ。

甘さがイマイチで少々水っぽいが、これも結構食べたなぁ・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2017.07.27 / Top↑
170514DSC03989.jpg170514DSC03989_x1t.jpg真っ赤な苺

ご覧のように、真っ赤な苺がたくさん成っている。

しばらく留守にしていたので、完熟を過ぎて、腐っているのもある。
蟻に食べられつつのもある・・

写真2のように、大きいものから小さなものまで、次々に成る。

170514DSC04006.jpg写真3 本日収穫

こんなに食べられない!
ということで、知り合いにお裾分け。

主に3種類のイチゴで、袋に分けた。
栃乙女(上左)、株分けして貰ったイチゴは品種不明(下)、伊豆から持ってきたもの(上右)。

伊豆からのものは、粒は小さいがけっこう甘い。
株分けのものは、大きくかつ収量が多いが、甘みが少ない。
栃乙女は、まずまずの大きさで甘い。

収穫後には、ランナーを延ばして新株を育てるのだが、栃乙女が一番いいかなぁ・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2017.05.15 / Top↑
170502_1080900.jpg170502_1080898_t.jpg170502_1080899.jpg赤くなってきたイチゴ 写真1

といっても、コレ1個だけだが。
ハヤッーー・・・

他はまだ、真っ青。

しかし、1株からこんなに出来ると大きくなるのは難しいんだろうなぁ・・・
面倒だが間引いた方がいいかもねーー・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2017.05.02 / Top↑
170414_1080824.jpg170414_1080824_x1t.jpg開花したイチゴ 

写真1 ご覧のように、開花している。

写真2 花・実がけっこう大きくなっていて、食べられるところまでいくかもね。
イチゴは、初めの方の花は、小さくてすぐに黒くなって、食べられるまで成長しないモノが多い。
3/26の写真と比べるとよく分かるよ。
が、これはいけるかも・・・

170414_1080823.jpg170414_1080837.jpg写真3 かなり花が咲いてきている。

おそらく、これらの多くは食べられるところまでいくんじゃないだろうか・・・

蜂もまだ少ないが、飛んでいる。

写真4 こちらは、伊豆から持ってきたもので、放任イチゴだ。
こちらも元気で、かなり上方向に伸びてきている。
豊作は間違いないなぁ・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2017.04.17 / Top↑
170325DSC03929.jpg170325DSC03927.jpgイチゴに花が咲いた

写真1 クロマルチで冬を越した株。

写真2 冬を越してからクロマルチにした株。

どちらも花が咲き出したが、明らかに、写真1の方が株が大きくなっている。
より寒い状況で育った写真2の方が、先に花が咲くかと思ったが、現時点では、1の方が良さそうだ。
実が成るまでは、確実なことはいえないが・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2017.03.26 / Top↑
170316_1080731.jpg170316_1080732.jpgイチゴの新芽

写真1 拡大するとよく分かるが、勢いのある新芽が出てきている。

写真2も新芽が出てきたが、1に比べるとまだ勢いがない。

1は、冬の間ずっとマルチ、2は、マルチ無しで冬を越させて、3月初め頃にマルチをかけた。

170316_1080735.jpg写真3 ずーっとマルチ無し。

冬の間は、一番元気だったが、ここへ来て、新芽が遅い。
冬の間の寒さのダメージがあるのだろうか?
種類が違うので、何ともいえないが・・

いずれにしても、実付きがどうなるか楽しみだ。

まぁ、美味しい苺がたくさん食べられるには変わりないと思うが・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2017.03.16 / Top↑
170308_1080683.jpg170308_1080683_x1t.jpg170308_1080686_x1t.jpg170308_1080689_x1t.jpg初めからクロマルチしたイチゴ 写真1 2

元気だ。

写真3 マルチをしないで越冬させ、少し前にクロマルチをかけた株。
ややスカスカだが、新芽も出ていて、いまのところ問題なさそうに見える。

写真4 放任のイチゴ
多少一部が枯れているのが目に付くが、元気そうだ。
これは、伊豆から持ってきたもので、粒が小さいので、比較しづらいが・・・

まぁ、全て冬を越すことが出来、今シーズンは、「イチゴ食べ放題!」
ってことになりそうだなぁ・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2017.03.10 / Top↑
170126_1080508.jpg170126_1080508_x1t.jpg170126_1080510.jpg170126_1080511.jpg消えかかっているように見えるイチゴ

写真1 右側が消えかかっている。
写真2 ピクセル等倍で見ると、かなり小さくなっているが、まだ何とか大丈夫のようだ。

写真3 こちらも右側が小さい・・・
が、さすがに消えはしないだろう。

写真4 やはり右側が元気がない・・・
いったい何故??

陽当たりが関係するのかなぁ???

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2017.01.26 / Top↑
161229_1080322.jpg161229_1080324.jpgかなり葉っぱが枯れてきた 写真1

連日氷点下の最低気温が続く、ここ所沢の畑だが、
ご覧のように、イチゴの葉もかなり枯れてきた。

が、それぞれ株を良く見ると、小さな葉・芽も出てきている。
この寒さで、古い葉を落とし、若い葉を成長させて、厳しい冬を乗り越える! んだな・・・

古いモノが、いつまでもシガミツキ、若いモノが成長できない!! なんてことは無いんだね、イチゴは・・・・


ここで一句・・

金も払わぬ年寄りが
     幅を利かせる
          民主主義

うーーん ・・・・・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2017.01.01 / Top↑
161223_1080283.jpg161223_1080283_t.jpg161223_1080284.jpg161223_1080284_t.jpg161223_1080286.jpgイチゴの育て方比較

写真1、2 クロマルチ栽培
さすがに安定している。

どれも順調に育っており、ほぼ心配ない。

写真3、4 マルチ無し栽培
ご覧のように、株によってかなり差が出ている。
植えたときから右側がやや小さめだったのだが、差は開きつつある。
とはいえ、実の成る5月頃にはどうなっているかは分からない。

写真5 放任栽培
中央にあった元株を抜いただけで、後は放任。
これが一番元気が良さそうに見える。

といっても、3畝、すべて種類が違うので、厳密な比較は出来ない。
1は、お隣から頂いたもの(不明)で、大きい実が成っていた。

3は、女峰、ジャンボ(少数)、栃乙女。

5は、伊豆から持ってきたもの(不明)で実が小さい。

来年の5月には、メチャたくさん成りそうで、楽しみだなぁぁ・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2016.12.23 / Top↑
161208_1080111_x1t.jpg161208_1080111.jpg161208_1080116.jpg強烈な寒さ・霜にあたるイチゴ

このところ、毎日最低気温が-5℃以下(所沢の畑)。

写真1のように、霜がビッシリ、霜柱が立つ土・・
クロマルチのイチゴは、大丈夫なのだが、マルチ無しのイチゴにとっては、かなり厳しそうだ。

寒さに当てたあとで、暖かくすると早く花が咲く、ということだが・・・
これだと、いくらなんでも・・・

今シーズンは、このまま様子を見てみよう。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2016.12.09 / Top↑
161112_1070893.jpg161112_1070892.jpg161112_1070895.jpgイチゴ

写真1 10/26に植え替えたもの。
お隣から頂いたものだが、品質はかなり良い(らしい)。大きくて豊産。

写真2 アップすると、ランナーが伸びて新たな株が出来ているのもあるのが分かる。

写真3 9/28に植え替えたものだが、苗がイマイチ。クロマルチ無し。
大きな苗を植えたのが、左側。やはり小さいと駄目?
来年にならないと分からないが・・
そうそう、女峰、ジャンボが手前、栃乙女が奥だ。

161122DSC03696.jpg写真4 去年の株から、伸びたもの、そのまま。

これが一番元気そうに見える。

去年、伊豆から持ってきたもので種類は分からない。
イチゴの粒が小さい。

はたして、これがどうなるか?!
興味津々・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2016.11.22 / Top↑
161027_1070841.jpg161027_1070843.jpg161027_1070844.jpgイチゴ移植

お隣から苺の苗を頂いて、2畝目が完了 写真1。

写真2 9/28に移植したものだが、一部は枯れかかっていてあまり元気が無いなぁ。

写真3 昨シーズンの残り。
ここから、9/28移植の苗を採ったが、残っているのが一番元気だ。
これも残しておいて方が良いかもしれないなぁ。
両脇が狭いのだが、元気かぁ・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2016.10.27 / Top↑
160928DSC03346.jpg定植したイチゴ

ということで、タマネギを予定した畝に、イチゴを定植した。

時期としては少し早いのだが、現在の畝が狭く、十分にランナーを伸ばせない・良い苗が出来ないところなので、とりあえず、早めに移植した。

うまくいけば、この畝と、もう1畝にイチゴを移植できるかもしれない。
なにしろイチゴの繁殖力は相当なもので、広いところがあれば、第5世代くらいまでは十分にできる!

そうそう、種類は、栃乙女、女峰、ジャンボだと思う。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2016.09.29 / Top↑
160605_1070669.jpg160605_1070669_t.jpgイチゴ ランナー伸張中

イチゴの収穫が終わったので、両脇を耕耘し、ランナーを伸ばしている。

写真2のように、小さな芽が出て、葉っぱが出てきた。
耕す前も、ランナーは伸びてきたが、土が固く、根付かなかった。

イチゴのランナーは、実が出来ているうちから、盛んに伸びてくるのだが、収穫中は、すべてカットしていた。
しかし、イチゴの生命力は凄く、しきりにランナーを伸ばし、増殖する!!

昨年は、10/10に伊豆から所沢へ親株を持ってきて植えたら、11/下旬に実が成った!!!
で、今年も4月終わりから5月に相当成ったので、イチゴは簡単にできる。
家庭菜園のお勧め野菜ベスト3の一つだな!

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2016.06.05 / Top↑
160509_1070450.jpg160508_1070444.jpg鈴なりのイチゴ 写真1

しばらく留守をしていた間に、イチゴがたくさん成っていた。

女峰 写真2手前、ジャンボ、栃乙女(貰い苗)、?(伊豆から持ってきたもの):写真1
あまり大きくはないが、たくさん成っているのは、?(伊豆から持ってきたもの)だ。

この調子だと、500個どころではないな!
ウーン、ジャムにしないと駄目かも、
砂糖をたくさん入れないとうまく(甘み)ならないのかなぁ?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2016.05.09 / Top↑
160430DSC02761.jpg160430DSC02760.jpg赤くなったイチゴ 写真1

ご覧のように真っ赤になった。

甘さはまずまずの甘さだ。

種類は4種。
女峰、ジャンボ、栃乙女、?
これは女峰だったかな。

少々留守にするのでちょっと心配・・・
腐っちゃう?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2016.05.05 / Top↑
160427DSC02755.jpg160427DSC02754.jpg1日でさらに赤くなったイチゴ 写真1

赤くなり出すと、凄い速さで赤くなるんだなぁー。

写真2 きゅうりネットを掛けた。

というのは、お隣のイチゴ、赤くなって「明日採ろう」としたら、翌日は、赤いイチゴが全て鳥に食われてしまったようだ。
ここの近くに雉子の巣があって、雄がウロウロしている。
昨日も、確かに見かけた。
カラスの可能性もあるが・・・

ということで、急遽きゅうりネットを2重にした。

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2016.04.28 / Top↑
160426DSC02719.jpg160426DSC02722_t.jpg赤くなってきたイチゴ 

写真1 ご覧のように赤くなってきた。

写真2 まだ大半は、このように青いままだ。

初めて本格的にイチゴを育てたのだが、まずまずかな。

5月初め頃から、食べられそうだな。

160426DSC02733.jpg160426DSC02735.jpg放ったらかしのイチゴ

写真3 去年伊豆から持ってきて植えたもの。
こちらは、そのまま放任なのだが、なんだか密集しすぎになってきた。

写真4 それでも、現在、小さいが実がつき始めた。

1、2は花が減ってしまって、これ以上は実が付かないのだろうか。
クロマルチ+防虫ネットトンネルで、2月から暖めたので、早く花が咲いたのだが、ミツバチ等がいないので、うまく受粉しなかったようだ。
それから、上の方にかなり伸びている。

3、4は、放ったらかしだが、やはり上に延びている。密集しすぎが原因か?
花は、1、2よりは多いが、それほどでもない。

いったい、いつ頃まで開花・受粉するのだろうか?

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2016.04.27 / Top↑
160410DSC02659.jpg160410DSC02659_x1t.jpg160410DSC02660.jpg結実したイチゴ 写真2

写真1、2のように、ようやくイチゴの実ができた。

花はずいぶん前から咲いていたが、なかなか実が出来なかった。やはり蜂が飛ばないと、花が咲いても無理なのかなぁ・・・
でもこれで一安心。
あとは、まぁそのうち、たくさん成るんじゃないかと・・・

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ  

         クリックしてね

カメラ・写真はこちら

2016.04.11 / Top↑