FC2ブログ
スイス旅行記 2018 ペルー旅行記 2017 旅人21HP
最近、au が頑張っているようだ。
au携帯に魅力ある機種は少ないのだが、料金体系はとても頑張っている。先日NTTドコモからauのiphone5に変えたが、さらに光もNTTフレッツからau光へ変更。そうTVCMのauスマートバリュー:auひかりに惹かれてネットで調べてみたが、2年間で計算すると、滅茶苦茶違う。
スマホ1台に付き\1,480.2台だと約\3,000./月だ。つまり2年で約¥70,000.安い、ヒェーーー!
それにスカパーが来年から値上がりするので、これもauひかりベーシックチャンネルパックにすれば約半額、2年で約¥24,000.安い!!
電話も全ての回線で、NTTからauひかり電話に(電話番号そのまま)。LTEになってから、電話料金もパックが無くなってしまったので、困っていたが、これで自宅の固定電話(光IP)とケイタイ間は無料。
そうそうドコモからMNPにした時にiphone5はただ、どころか、いろいろキャンペーンで本体価格がマイナスに(実質)。さらにさらにコジマのキャンペーンでポイントが2台で¥40,000.ついた。
結局2年間(縛り)で考えるとドコモ・NTTを続けるよりも、実質支払総額十数万円安くなったようだ。
日本のケイタイの料金体系(通信費込み)は、非常に分かりにくく、高いのはNTT・ドコモが元凶。ソフトバンクがもう少し頑張るかと思ったが、もうチョットだった。auが魅力あるケイタイを出せないことと関係しているかどうかは分からないが、日本のケイタイ料金体系に穴を開けつつあるのは確かなようだ。
ケイタイは2年間で実質いくら支払うかで計算しないと、分からないような料金体系になっている。2台・2年で十数万円違えば、それが明示されれば(これが肝心なのだが)、NTT・ドコモのふざけた料金体系を一気に覆せると思うのは私だけだろうか。
関連記事
2013.05.17 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://izuminami1.blog77.fc2.com/tb.php/97-d816bc83